人におすすめしたいクレジットカード

クレジットカードの中には、買い物をしただけで社会貢献ができるカードがあります。買い物金額の0.5パーセントが、環境活動や福祉事業に自動的に寄付されるシステムのカードがそれです。この種のカードがおすすめである理由は、寄付金はカード会社が負担してくれて、一切自腹を切ることがないことです。

社会貢献に興味はあるけど、忙しくて活動に参加している暇が取れないという人にもおすすめの一枚です。スパーなどで普段使いの日用品や食料品を購入するだけでも、年間3000円ほどの寄付ができることになります。そして、その他にクレジットカードとしてのポイントも寄付額と同じだけ受け取れるので、通常のカードと同じくお得感があります。

ただ、この種のカードは、年会費が通常のカードより高めに設定されていることがあるので、その点を理解したうえで持つことです。年会費が掛っても、こまめに買い物をすれば、カードポイントが貯まって、元が取れます。そのような考えの人が増えているためか、この種のクレジットカードを持つ人も増えているといいます。

カードデザイン自体も通常のカードと違い、一目で寄付付と分かります。持ってるだけで一寸自慢したくなるカードなので、ポイントも貯まりやすい要因になっているとのことです。

ゴールドカードおすすめ情報局 | 審査基準とメリット

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査について

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代でも持つことができるいわゆる「ヤングゴールドカード」という部類の中でも最高のステイタスや利便性を誇り、トップクラスの人気があるゴールドカードです。

このカードは、満20歳から30歳未満限定で持つことができるカードですが、三井住友ゴールドカード(年会費10,500円)とほとんど同一のサービス・機能を持っていながら年会費は初年度は無料でその次の年からは5,250円と三井住友ゴールドカードの半額で、しかもweb明細サービスなどを利用すると最大1,575円まで年会費が減額することができます。

また、30歳になると自動的に三井住友VISAゴールドカードに更新することができるという利点があり、30歳になった途端ゴールドカードというステイタスをゲットすることもできます。

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査基準は、満20歳以上30歳未満の安定継続収入のある方なので、社会人になった方ならばどなたにも三井住友VISAプライムゴールドカードを持つチャンスはあります。

また、20代でも安定継続収入の無い学生の方は、学生カードである三井住友クラシックカードを作っておき、公共料金の支払いや携帯料金の支払いなどを遅延なく済ませることでクレジットヒストリーと呼ばれる信頼が積み重ねられるので三井住友VISAプライムゴールドカードの審査に合格しやすくなります。

このカードの主な特典として、海外・国内旅行の保険が最高5,000万円、お買い物安心保険が年間300万円まで補償されます。最も注目すべき特典は、空港ラウンジサービスです。このサービスは、国内の28の主要な空港のラウンジでゴールドカードを見せることで出発前にソフトドリンクなどのサービスを受けることができます。

審査なしの代表はETCカードです

クレジットカード契約をしない人にもETCを使えるよう、NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCカードがETCカード(パーソナル)です。しかし昨今ではクレジットカード契 約で発行する場合が多いようです。

クレジットカードと言えば、審査が行われるのが普通ですが、ETCカードに限っては審査なしとなっていますので、初めて 使用する方でも安心して利用する事が可能となっています。

審査なしのETCカードは、口コミで評判となり多くの世帯に普及しています。ETCカードは、ETCを利用した際において料金を支払うカードのことであり、カードを上手く活用する事で、高速道路を格安で利用する事が可能です。

高速道路の使用が少ない深夜などに関しては、カードを利用する事で利用料金から割引されます。割引金額に関しては詳細に設定されていますので、予め取引業者に確認をとっておくことが重要となっており、これが失敗しないポイントとなります。

ETCカードを販売している金融機関は数多く存在していますので、契約する際においては迷うと思いますが、インターネットを利用すれば評判の良い会社が紹介されていますので、それを参考にすれば問題なくお得な金融機関を選択する事が可能です。基本的には、年会費が無料となっており、余計な諸経費がかからないのが特徴です。

ETCを利用する事で、料金所を利用する手間が省けますので、効率よく目的地にたどり着くことが可能となっています。多種多様に存在しているサービスを活用する事でお得に有料道路を使用する事ができますので、情報などを参考にしながら使用する事が大切です。クレジットカードの中でも利用しやすい存在となっています。

消費者金融の歴史とそのランキングの活用の仕方について

消費者金融は日本が高度経済成長期を迎える事となった、1960年の大阪で誕生したと言われています。その頃は団地金融やサラリーマン金融と いう名称で、無担保・無保証・即日融資をセールストークとして、営業を行っていました。

その当時はサラリーマンと言う職業が、終身雇用と年功序列が約束さ れた安定した職業であるといわれており、サラリーマンであるという事だけで、生涯の収入が約束されていて信用を得る事が出来ました。

同時に当時の最新の住居スタイルであった団地住まいという事も、高収入でなければ実現する事が出来ないと言われており、団地に住んでいるという事だ けで信用を得る事が出来ました。そしてサラリーマンであるという事や、団地に住んでいるという事を主な条件として貸付をおこなっていた貸金業が、サラリー マン金融や団地金融という名称を名乗るようになり、現在の消費者金融へつながっていくという訳です。

消費者金融の会社数は、現在2500数ほどにのぼると言われています。その中でも大手と呼ばれ、銀行と提携したりグループ化したいくつかの会社が、 利用者も多く安定しているという事で人気を集めています。インターネットでは、大手と呼ばれる消費者金融の特色をランキング化したサイトも多く存在してい ます。

大手の場合は、来店不要 即日融資がほとんどです。金利の面から見たランキングや、おまとめローンを利用する際のランキングなど、一目でその会社の特色が分かるようにポイントをま とめてあるので、会社を選ぶ際には参考にする事をお勧めします。